コンドロイチン

スポンサーリンク

キビキビと活動したい方に

キャンドゥとダイソーのコンドロイチンを比較します。

コンドロイチン

成分

キャンドゥ版を DHC の『コンドロイチン』と比較すると 1 日分に含まれるコンドロイチン量は 1/20 ~ 1/30 と大幅に少なく、代わりに MSM などが含まれています。

MSM は DHC 製品だと『らくらく』や『極らくらく』に含まれる成分ですので単純比較は困難ですが、とにかく肝心のコンドロイチンの量があまりに少なくなっています。

原料が高価で少量しか入れられないコンドロイチンの代わりに他の安価な成分を配合し、100 円商品のコストの範囲内で努力しているものと思われます。

ダイソー版はサメ軟骨抽出物の含有量のみ記載されているあたりから見て、やはりコンドロイチン量には期待できません。

コンドロイチンをたっぷり摂取するには DHC 製品がおすすめです。

[旧シリーズの情報はこちら]

販売店キャンドゥダイソー
重量は 1 袋あたりの含有量。
シリーズ名呼称『キャンドゥ版』 『ダイソー新』
商品名コンドロイチンコンドロイチン
品番H-2230338
日数分1520
キャンドゥ コンドロイチンコンドロイチン
コンドロイチン硫酸(mg)300-
MSM(メチルスルフォニル
メタン)(mg)
1500-
コラーゲン(mg)1650-
グルコサミン(mg)750-
デビルズクローエキス(mg)150-
サメ軟骨抽出物(mg)-790